キントトレコード

キントトレコード

キントトレコード

 真の落語ファンのためのレーベル キントトレコード

キントトレコード

庶民が愛し続けた日本の伝統文化である落語、その真髄を世に問います。
キントトレコードは、世界で一番落語に詳しい録音エンジニアとして、
数多の作品を世に送り出している、草柳俊一氏をプロデューサに迎え、
彼の耳で選定した名演落語をCD化して、後世に残す落語レーベルです。

キントトレコードの仕事
●現在(いま)、後世へ残したい落語を録音し、CD化します。
●聞きたい、そして後世に残したい名演録音を発掘し、CD化します。

 キントトレコードについて

 キントトレコードは、落語愛好家にずっと満足して貰いたい落語レーベルです。そのためキントトレコード草柳俊一氏をプロデューサに招きました。

 キントトレコードから生み出される作品は、内部制作されます。作品の立案時点から、草柳さんを交えて美術スタッフ、運営スタッフにより、楽しくも厳しい意見交換が落語好きの視点でなされます。
 企画が了承されると、草柳さんによる音源制作、解説書執筆者の選択/原稿依頼、美術スタッフによるパッケージ制作を経て作品が生まれるのです。全ての工程が落語愛好家を満足させられるか否かの視点で実施されます。

 肝心なのは、リアルな高座を再現させることです。

草柳俊一

 草柳氏は、幾多の名演を最高品質で世に送り出してきた録音技師です。放送局やレコード会社の倉庫に眠っていた名人上手の作品を掘り起こし、多くの貴重な噺が木賊で磨いたように仕上げられています。天国の名人上手だけを発掘しているのではありません。現在、数多くの落語会を収録して世に送り出しています。

 草柳氏が収録した音は暖かい。その秘密は真空管のマイクロフォンです。幾ら録音技術、編集技術が進歩しても、元々収録されていない音は再現できません。会場で巻き起こる笑いの渦が床や壁を振動させる重低音までも再現するような錯覚に陥ります。
 キントトレコードの作品は、出来るだけ大きな音で聴いて下さい。落語会場の特等席で一緒に笑い声を上げるような夢をお届けできると信じています。収録会場に居合わせた方は自分の声を発見するかも知れません。

草柳俊一氏の略歴はここをクリックして下さい。

a:6126 t:3 y:6

powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional